水戸殉難者恩光碑保存会は、幕末維新の時、水戸藩諸生党に所属して国事に奔走し、各地に殉難・散華した人々の慰霊法要を行い、先祖を供養することを目的として平成18年に設立された会です。
 当HPを御覧いただき、水戸藩諸生党に関する歴史の一端を御理解いただければ幸いです。


コンテンツ
 会報「知恩」水戸藩士殉難150年記念事業
 
<コンテンツ>
 
恩光碑保存会について
会報「知恩」
水戸藩士殉難150年記念事業
 
 
 

「恩光無辺の碑」所在地
祇園寺
〒310-0065
水戸市八幡町11-69


写真をクリックすると
水戸観光コンベンション協会サイト
へアクセスします。

 
 
 
 
 
 
 
 
サイト来訪者

令和2年(2020)3月開設
恩光碑保存会の活動をお知らせします。
 2021年2月
 ・「幕末水戸藩闘争における諸生派民衆兵の動向」(『茨城県立歴史館報』12 1985年)所収を、宮澤正純先生(元茨城県立歴史館資料部長)のご厚意により収録・掲載しました。(※1~8号『茨城県歴史館報』、9号以降『茨城県立歴史館報』に改題)
 2021年1月
 ・「幕末水戸藩闘争における鯉淵勢の動向」(『茨城県歴史館報』3 1976年)所収を、宮澤正純先生(元茨城県立歴史館資料部長)のご厚意により収録・掲載しました。
 2020年12月
 ・「天狗諸生の乱と那珂町」(『那珂町史の研究』第7号 1987年)所収を、宮澤正純先生(元茨城県立歴史館資料部長)のご厚意により収録・掲載しました。
 2020年9月
 ・「天狗諸生の明治」(『茨城県近現代史研究』第4号 2020年)所収を、市村眞一先生(当会顧問)のご厚意により掲載しました。
 2020年8月
 ・栃木県大田原市宝寿院・佐良土戦死塔にて慰霊を行いました。
 2020年6月
 ・会報「知恩」第27号を発行しました。
 2020年3月 ホームページを開設しました。
 2019年11月
 「水戸藩国事殉難者慰霊法要」(祇園寺)の様子が
 高橋やすし水戸市長のオフィシャルブログで紹介されました。
 2019年2月 水戸藩士殉難150年記念事業
 鈴木暎一 茨城大学名誉教授 記念講演 「御三家水戸藩の光と影」
 水戸藩士殉難150年記念誌『埋もれし人々に光を』 刊行
  2018年8月
 「松山戦争」の慰霊法要の様子が産経新聞で報道されました。
 2015年8月 
 福島県の郷土史研究団体・会津史談会と恩光碑保存会の交流が紹介されました。(茨城新聞ニュース)
 2015年2月 
 神應寺(水戸市元山町)所有の「慷慨淋漓(こうがいりんり)の碑拓本附台石(ひたくほんつけたりだいいし)」が水戸市指定文化財になりました。(茨城新聞ニュース)